• みんなが作り手 みんなが主役

1人1人が主人公!

やどかりの里は、1970年代から精神障害のある人の「ごくあたり前の生活」を求め、
さいたま市で住む場、憩う場、働く場を点在させ活動の輪を広げています。
障害のある人も安心して暮らせる街づくりに取り組んでいます。